本文へ移動

ブログ

キャンプ日和

RSS(別ウィンドウで開きます) 

清らかな沢水の流れの中に

2019-04-07
四葉のクローバーキャンプ場内で白い可憐な花を見つけました。何の花かお分かりになりますか?ヒントは「①緑、②お寿司、③辛い」です。そう答えは「わさび」です。キャンプ場内の池に流れ込む水は、山からの清水が流れ込んでいるため、わさびが生育するのにも適しているのです。 
 
 わさびは、根っこに当たる部分が本体となり、サメの肌使って擦ると辛さが増すといわれていますが、残念なことに、花が咲く頃のわさびは辛くないのです。ちなみにわさびは、漢字で書くと「山葵」と書きますが、これは葉が水戸黄門で有名な葵の形に似ているので、この字を当てているのだそうです。(甲武キャンプのウンチク?)
 
 ちなみにキャンプ場内には、天然のクレソンも自生していますので、探してみてください。

本年度採用新スタッフ紹介!

2019-04-06
お祝いマーク新しい年号「令和」が発表されました。そこで、と言っても何の関係もないのですが、当キャンプ場の今年度採用の新スタッフをご紹介します。
 生後4か月柴犬「茶々丸」です。担当は、施設内見回り(防犯及びカラス撃退?)の予定ですが、目下、遊ぶのと甘えるのが日課の毎日で、オーナーを困らせています。夏までには、少したくましくなった姿をお見せできると思いますので、見かけた方は声をかけてください。(ちなみに私は女の子です!)

神秘的な色の中で

2019-03-29
 冬の源流は、その冷たさを誇示するかのように、清く、澄んでいます。この時期、水温の低い環境の中で、魚たちは静かに岩陰に身を隠し、春の訪れを待ち望んでいますが、のぞき込むとその姿が見えるような気さえします。
 写真を見てもわかるように「この色は?」と問われると、思わず「エメラルド・グリーン!」と答えてしまうような神秘的な色をしています。
 夏になると、残念ながらここまでの色は見られませんが、川の中に目やると、渓流の中を踊るように泳ぐ山女魚の姿や川苔を食む鮎の姿を楽しむことができます。
 おいでいただく皆様に、四季それぞれの自然の姿、そして、その楽しみ方、味わい方を提案していきたいと思っています。

焚火を堪能していただけるよう

2019-03-26
        焚火台&ターフ購入!
昨シーズンおいでいただいたゲストの中に、焚火台をお持ちになり、その明るさや暖かさを楽しんでいらっしゃる方をお見掛けしました。
そんな様子を遠巻きに眺めながら、キャンプの新たな楽しみ方に気付かれた方もいらっしゃったたのではないでしょうか?
しかし、焚火台をお持ちになられた方に聞いてみると、持ち運びに苦労されたという話題も…
そこで、今年度は、レンタル用の焚火台をご用意させていただきました。また、雨や日差しを避けてのBBQを楽しんでいただけるようおしゃれなターフも購入しました。
どちらも多くのみなさんに使っていただければと考えております。

ブログ始めました!

2019-03-25
        春の足音を感じながら
三寒四温を繰り返しながら、少しずつ春が近づいてきます。
キャンプ場の風景はまだまだ冬のそれですが、木の芽、苔の色づき、鳥の声など、いたるところに春の訪れを感じられるようになりました。
4月下旬からの新たなシーズン開始に向け、スタッフ一同みなさんを迎えるための準備に追われています。GWや週末を中心に予約も増えており、それに応える対応を日々検討しています。
「昨年よりもよくなっているね」こんな言葉を楽しみにしながら、もうひと頑張りです!
甲武キャンプ村
〒409-0300
山梨県 北都留郡 丹波山村400
TEL.0428-88-0523
FAX.020-4625-3064
TOPへ戻る